お引越し中につき、あちこち工事がおわっておりません(特にショップ)。ネット声劇・個人での練習以外でご利用の際はご連絡くださいませ。

『水槽の脳の夢』【♂0:♀2】40分

概要

ガラス瓶に閉じ込められた友人を背負って、走る。

ディストピア風ファンタジー。

女性転換版。
※幼少→青年期の描写がありますが、少女→青年、青年→成人でも構いません。

オリジナル版はこちら

  • 所要時間:約40分
  • 人数:女性2
  • ジャンル:SF、ファンタジー

登場人物

  • エレノア
       ガラス瓶の中に居られられた、脳だけで生きる女性。
  • ルイザ
    研究所で働く女性。

本編

■エレノアの夢、幼少期


ルイザ:エレノア、何読んでるの? また博士の部屋から勝手に持ってきたわけ?

エレノア:動物の図鑑。ルイザも見る?

ルイザ:見る。

エレノア:みてみてこれ。

ルイザ:なにこれ、首が長い!

エレノア:木の上のはっぱをたべる。へぇ。これは?

ルイザ:かんがるー? (読み上げ)しっぽでジャンプする。だって。

エレノア:オーストラリアにしかいないって。

ルイザ:アメリカにはいないのね。

エレノア:大人になったら見に行こうよ。

ルイザ:オーストラリアとは戦争してるんだよ。

エレノア:終わったら見に行けばいいじゃん。

ルイザ:大人は働かなきゃ。

エレノア:ちょっとくらい休めるでしょ。

ルイザ:そっか。ねえ、エラ。

エレノア:なに?

ルイザ:エラが考えたあれ、完成したの!

エレノア:本当?

ルイザ:うん。みにいこう。

エレノア:やっぱりルイザは天才だね!

ルイザ:考えたのはエラだよって博士に言ったら、びっくりしてたよ。天才はエラのほう。

エレノア:いーや、あたしは考えるだけで作れないからルイザが天才ね。

ルイザ:じゃあ、私たち、二人で一人の天才、ね!

エレノア:そうね、二人で一人。

■テレビスクリーン

エレノア:『おはよう、私の可愛い子供たち。素敵な朝です。
     食事を摂って、よく働き、よく休み、よく生きましょう。
     安心なさい、完璧な私があなたがたを正しく幸せに導きます』

■研究所、地下室

エレノア:電気刺激感知……覚醒。
    人工声帯およびスピーカー接続、良好。
    マイクを先につなげてくれない?
    音が聞こえなーい。担当者は誰?

ルイザ:外部マイク・カメラ接続。
    入力チェック。ルイザよ。おはようエレノア。

エレノア:マイク、カメラ接続良好。
    おはようルイザ。さっさと出てって。

ルイザ:電圧・電流チェック、問題なし。
   ブドウ糖注入。酸素濃度、異常なし。
   外部感覚機、接続完了。

エレノア:問題ありまくり。電圧下げて。
    寒いから細胞保存液の温度が低いんだよね。
    ピリピリする。

ルイザ:ええ、そうね。今下げるわ。

エレノア:……あんたの顔は見たくない。頭が痛くなる。

ルイザ:ほかのどこに痛みを生じるの? 脳みそだけのあなたが。

エレノア:夢の中では五体満足なの。幻肢痛だってある。
    今はほら、足の親指がしびれてるような感じー。

ルイザ:しびれ?

エレノア:カメラの正面に立たないでよ。化粧濃いわね。

ルイザ:どっち側?

エレノア:なにが?

ルイザ:足がしびれてるって言ったでしょ、今。

エレノア:ふん、右だけど?

ルイザ:そういうことはすぐに報告して。
   病気だったらどうするの?
   先生呼んでくるから待ってて。

エレノア:はいはい、はやくどっか行って。

エレノア:待っててって、動けもしないのに。
    電極に繋がれて、ガラス瓶の中に浮いているだけしかできないのに。

エレノア:大人になったらカンガルーを見に行こうって、言ったじゃん。

■テレビスクリーン

エレノア:『私の可愛い子供たち。より良い人生を生きましょう。
    何も考えなくてよろしい。何も調べなくてよろしい。
    答えは私が与えます。私が教えたとおりに生きればよいのです。
    一番大切なことはそう、誠実さです。
    信用される人間になりましょう。
    「信用スコア」を上げることが肝要です。
    願いがあれば、スコアを消費して、叶えることもできます。』

■研究室

エレノア:あたしを見つめる以外にやることないの?

ルイザ:十五時十五分までエレノアの管理、状態保持及びチェック。
   十五時四十分から外科手術補佐。
   脳髄摘出からシリンダー作成まで。
   十八時、夕食。
   十八時十五分、エレノアの管理、状態保持及びチェック……。

エレノア:ストップストップ。そういうことじゃないってば。
    やりたいこととかやったらいいじゃん。
    どうせ見てても動いたりしないんだし、あたし。

ルイザ:そう。やりたいことはないわ。やるべきことをやるだけ。

エレノア:……ねえ。

ルイザ:どうしたの。

エレノア:昔みたいに話そうよ。もっとこう、夢とかさあ。

ルイザ:夢ね。スコアを上げたいわ。

エレノア:はあーーー。そういうこと言う? この流れで?
    せっかく五年ぶりに友達が帰ってきたっていうのに、
    毎日毎日そんな調子じゃ寂しいじゃん!

ルイザ:寂しいの。

エレノア:というかスクール五年で終わらしたわけ?
    はやいねー。 さすが天才ルイザ様。

ルイザ:天才じゃないわ。

エレノア:……つまんな。そこはさ!
    ワタシは天才だからね、でしょ! 昔みたいに!

ルイザ:そんなこと言ってたかしら・・・・・・?。

エレノア:せっかくルイザが帰ってきたって聞いて、
    このクソつまんない毎日から解放されると思ったのに。
    あんたもマザー・ヘッドの言いなりね。

ルイザ:言いなりも何も、マザー・ヘッドに従うのは国民の義務よ。

エレノア:大人たちと同じこと言うんだ。

ルイザ:信用スコアを上げないといけないの。

エレノア:スコアランクBじゃん。まだ上げたいの?

ルイザ:見たの? 私のチップ。

エレノア:いーえ? チップは見てない。国民管理データをちょちょっとね。

ルイザ:コンチネンタルネットワークに接続できるからって、
   政府機関のデータをハッキングだなんて……。

エレノア:痕跡を残すだなんてこのあたしがするわけないでしょぉ。
    それに、国内からのアクセスにするセキュリティが
    そもそも穴だらけなんだって。
    不正アクセスしようなんて考えるやつはだぁれもいないんだから。
    ふんっ。マザー・ヘッドの教育の賜物(たまもの)でね。

ルイザ:……ランクBは、ここに戻るのに必要だったから、取得したのよ。

エレノア:へえ。スコア五万点だっけ? えらいじゃん。あたしに会いたかったぁ?

ルイザ:適正が研究職だったから、スクール在学中にランクBが取れれば
   別の職を経由せずにここに戻ると思って……
   まあ、四級職員だから、本来は雑用ね。

エレノア:なに? 四級なのに手術補佐とかやってんの? 昔から手先器用だもんね。

ルイザ:第一研究所で研究内容を読み漁ってたから特別に脳髄保持システムに携われているだけ。

エレノア:脳みそを生かしたままガラス瓶に閉じ込めるなんて気持ち悪い研究、やめちゃいなさいな。

ルイザ:エレノアが唯一の成功例なのよ、自分で言わないで。
   私たちは博士の技術を再現しようとしいる。完成すれば大幅にスコアが上がるわ。

エレノア:自死すら選べないこんな状況になるなら、あんとき死んだ方がましだったね。

ルイザ:……私は、生きて、いて、ほしいと、思ってるわよ。

エレノア:これが「生きてる」ように見えるならあんたの眼は節穴だよ。

ルイザ:……。

エレノア:どうした?

ルイザ:いや、胸のあたりが奇妙な感覚で……。

エレノア:大丈夫? 胃もたれ? 変なもの食べた?

ルイザ:……あら? 速報だわ。

エレノア:ふーん。テレビ音量上げてー。聞こえなーい。

ルイザ:レジスタンス、ルイジアナ支部壊滅。

エレノア:まぁじぃ?

ルイザ:マザーに逆らうなんて、馬鹿なやつらね。

エレノア:は?

ルイザ:生き方はマザー・ヘッドがすべて教えてくれるのに。
   何が彼らを動かしてるんでしょう。

エレノア:……反抗期ってやつだよ。

ルイザ:スクールをとっくに卒業した大人が?

エレノア:人間の思春期は長くなってる。
    今は四十代まで続く人もいるらしいからね。
    母親に反抗したいんでしょ。

ルイザ:さすが天才エレノア様は物知りね。

エレノア:あんたがいない間、
    暇すぎて学術データセンターのアーカイブ読みつくしちゃったよ。

ルイザ:……スコアランクS以上、研究者資格がないと入れないはずなんだけど。

エレノア:セキュリティ、ザルすぎ。

ルイザ:エラ……。

エレノア:知識は大事だよぉ。

ルイザ:必要なことは全部マザーが教えてくれる。
   私たちは何も調べる必要はない、考える必要もない。
   マザーに従っていれば幸せに生きられるのに。
   難儀な奴らね。

エレノア:ねえあんた、それ本気で言ってる?

ルイザ:何が?

エレノア:この部屋には監視カメラはない。
    反マザー発言をしてもポリスは来ない。
    本音でしゃべっていいんだよ?

ルイザ:何を言っているの。私はいつでも本音で話しているわ。
   見られていようがいまいがマザーに反抗なんかしない。

エレノア:へー、ふーん、そぉ。

ルイザ:マザー・ヘッドは本物の天才よ。
   この統一アメリカ大陸のシステムは合理的で、
   効率的に国力を上げることができる。
   国の礎となるのは国民。
   だから、私たちはマザーに従わないと。

エレノア:ただの独裁でしょうが。

ルイザ:下手な民主制や社会主義より
   優秀な指導者を掲げた独裁制の方が
   よい国になることは歴史が実証しているわ。

エレノア:そう言えってスクールで教わったわけ?
    そんなの進化じゃない、回帰っていうんだよ。

ルイザ:……マザーを批判する発言をするとスコアが下がる。

エレノア:それが洗脳なんだって。ったく気分悪いなー。

ルイザ:セロトニンでも投与しましょうか?

エレノア:いらない!
    そうやって物質で操作しようとしないでくれる?
    あたしの脳みそなんだけど。

ルイザ:そう。

エレノア:ねー、何が幸せかはさ、自分で考えなよ。ルイザ。

ルイザ:嫌。

エレノア:いやって。

ルイザ:必要ないわ。マザーの教えにしたがって、
   公共のためにより良いことをして、
   スコアを上げる。それが幸せよ。

エレノア:なんでもマザーマザーって
    じゃあマザーが二足す二は五だって言ったら
    あんたも五て言うの?

ルイザ:二足す二は四よ。マザーは間違えない。

エレノア:お馬鹿、例えだってば。
    国家総マザコン計画大成功ね、
    まったく。らちが明かない。

エレノア:全ての価値基準が、
    スコアの上下になってるのがおかしいでしょって言ってんの。
    スコアが上がれば喜び、下がれば悲しむ。
    数字に支配されて生きるのが幸せだって?

ルイザ:何が悪いの。自分の脳みそで考えるから不幸になるのよ。

エレノア:……。

ルイザ:エラ?

エレノア:あたしは、脳みそ以外持ってないから、考えることしかできない。

エレノア:外部接続機がなければ意思表示なんか出来ないし、
    外の世界を感じ取ることも出来ない。
    自分の脳みその中で分泌物が感情を掻き乱しているのがわかるだけ。
    あんたには、目も鼻も口も、手も足もあるでしょ。

エレノア:自分で考えて動き回れて感じられるあんたらが、うらやましい。
    なのに、みんな、あんたも、そうしない。
    どうして自分から閉じてるの。

エレノア:使わないなら、その体、ちょうだいよ。

ルイザ:・・・・・・自分で考えて、動き回る、メリットがないからよ。
   エラはスクールに行ってないからマザーの素晴らしさが解らないだけ。

エレノア:カリキュラムはネットワークで全部見たけどね。信用スコアのことばっかり。

ルイザ:スクールの本当の機能はスコアの仕組みを教えることじゃないの。

エレノア:は?

ルイザ:お前の友達の、ルイザ・アーロングは死んだのよ、エレノア・フィッツ。

エレノア:……ふーん。

ルイザ:そろそろ私は出るわ。実験の準備があるから。

エレノア:ねー、ルイザ。

ルイザ:なに。

エレノア:逃げる準備、しておいたほうがいいよ。

ルイザ:逃げる?

エレノア:うん。荷物をまとめて、ここに、
    あたしの部屋に置いておいたほうがいい。
    ここが一番頑丈だから。

ルイザ:何から逃げるのよ。じゃあ、またあとで。

■テレビスクリーン

エレノア:『ごきげんよう、可愛い子供たち。
    今日からは信用スコアについて学びましょう。
    皆さんがより良く生きるため、
    そしてこの統一アメリカ大陸がきちんと機能するために、とても重要です。
    何をしたらスコアが上がり、なにをしたら下がるのか。
    しっかり覚えていきましょう』

■研究所、地下室

エレノア:痛ったぁ!!

ルイザ:エレノア! 生きてたのね!

エレノア:もっとほかに起こし方なかったの!?

ルイザ:あの、死んでしまったかと思って、慌てて覚醒電圧を……

エレノア:ブドウ糖を使わないように寝てたんだよ。うう、チカチカする。

ルイザ:マイクとスピーカーの接続は問題ない?

エレノア:……マイク接続、良好、
    人工声帯接続良好、スピーカー問題なし。
    カメラは? なんも見えないんだけど。

ルイザ:今繋ぐわ。どう?

エレノア:見えた。ちょっとノイズかかってるかな。

ルイザ:気分は悪くない?

エレノア:規定以上の電流流されてビリビリしてる。

ルイザ:問題ないわね。

エレノア:問題だらけだけど。ルイザは怪我ないの?
    上はどうなったわけ? というかカメラの向きヘン。

ルイザ:私は資材を受け取りに行ってたの。
   帰ったら、研究所が爆発してた。
   この部屋以外は木っ端みじんで……。
   シリンダーが床に転がってたから驚いたけど、
   さすが博士の強化ガラスね。ヒビ一つない。

エレノア:ああ、いきなり接続が切れたの、あたしが落ちたのね。

ルイザ:何があったか見てた?

エレノア:マザー・ヘッドの指示でポリスが来て、
    職員たちが捕まった。
    で、博士の居場所を教えろ、てさ。

ルイザ:……で、また爆破ね。

エレノア:また爆破。
    それほど研究が人目にふれることを恐れてるってことね。
    マザーは博士を排除したいのか、
    欲しがっているのかどっちなんだろうねぇ。

ルイザ:……逃げろって言ったの、これのこと?

エレノア:そうだよ。

ルイザ:どうして先に分かったの?

エレノア:博士も、レジスタンスだから。

ルイザ:え?

エレノア:あんた、すぐ口滑らせそうだから教えるなって
    博士に言われてたんだー。
    だからルイジアナ支部が見つかったって聞いて、
    ここもやばいなーって。

ルイザ:……違う、私はレジスタンスじゃない。

エレノア:ここの職員なんだからあんたもレジスタンスの一員でしょ。

ルイザ:マザーに逆らうつもりなんてない、私は違う!
   研究員だって見つかったらスコアが下がってしまう。
   ……せっかく頑張って、スコアを上げたのに、
   なん、なんで、こんな、私、悪くない、知らなかったのよ!

エレノア:少しはスコアから離れなよ。

ルイザ:マザーに逆らうなんて! 反逆は一番スコアが下がるのに! 

エレノア:そうじゃないでしょ!
    まったく昔からお馬鹿だね、あんたは! 逃げるんだよ!

ルイザ:私のチップには職業情報が入ってる、
   どこへ行ったってバレてしまうわ!

エレノア:ルイザ、あたしを誰だと思ってんの?

ルイザ:……エラ?

エレノア:大天才、エレノア・フィッツ様だよ?
    あたしがこの数年間、ただプカプカ浮いてただけだって?

ルイザ:な、何を言ってるの。

エレノア:さあ、立って、ルイザ。
    昔みたいに、走り回ろう。
    あんたの足りない部分はあたしが補ってあげる。
    あたしに足をちょうだい。行きたいところがあるの。

    あたしたちは、二人で一人の天才、でしょ。ね、親友。

■テレビスクリーン

エレノア:『可愛い子供たち。私は誠実に生きる人々を評価します。
    この国から差別はなくなりました。
    人種、職業、性別、年齢、
    あらゆる思想、嗜好、宗教、スコアの数値に対して
    差別的言動を行えばスコアは低下します。
    スコアが上がればより良い生活ができますが、
    低くても死ぬようなことはありません。
    衣食住は保障されます。
    愛は、だれしも平等に与えられるのですから』

■街中。昼。

ルイザ:エラ、調子はどう?

エレノア:接続は問題なし。今は空しか見えないけど。
    綺麗な空ねー。昨日より青が濃いかなー。

ルイザ:空の色に違いなんてあるかしら。

エレノア:さあ。昨日アクセスしたのは気象台のカメラだから解像度の違いかも。

ルイザ:ふうん。

エレノア:なんも感じないの? まったく。
    あとちょっと電気痛い。入力電圧が若干大きいわ、これ。

ルイザ:わかった。どこかで調整しましょう。
   一週間で細胞保存液を交換しないと安全を保障できないわ。
   どこかで材料を手に入れないと。

エレノア:一週間もかからないよ。

ルイザ:ねえ、私たちどこに向かってるの。

エレノア:次のブロックを右。

ルイザ:あ、うん。

エレノア:……小型外部器官接続機って言ったってもっと大きいかと思った。

ルイザ:背負えるくらい小さく軽くするのに三年はかかったわよ。

エレノア:さすが、工作の天才。

ルイザ:天才じゃないわ。

エレノア:完成してると思ってなかったから、
    一旦ルイザだけ逃がすつもりだったんだけど。

ルイザ:スクールに行く前に、だいたいは作り終わってたのよ。
   実際にシリンダーをセットして
   調整する時間がなかったから伝えなかっただけで。

エレノア:忘れたんじゃなかったの?

ルイザ:何を?

エレノア:昔の約束。

ルイザ:私があなたの足になってあげるって?

エレノア:それ。

ルイザ:忘れてたわ。思い出したの。この小型接続機のことも。

エレノア:じゃあ、

ルイザ:次は?

エレノア:二つ先のブロックを左。あっ、一旦ストップ。

ルイザ:どうしたの?

エレノア:ポリスがいる。
    ちょっとまって、第五地区の市内カメラにアクセス中。
    あちゃー。なにかあったみたいね。
    周囲が封鎖されてる。回り道しよ。

ルイザ:第七地区を通れない?

エレノア:通れるけど。なんで?

ルイザ:配給所があるでしょう。そろそろ昼食の時間よ、お腹がへっちゃった。

エレノア:えー、もうちょっと走れない?

ルイザ:不健康な肉体はスコアを下げるわ。

エレノア:あーもう、わかったよ、一つブロックを戻って左に入ろう。

ルイザ:ありがとう。食事は大事だわ。

エレノア:キューブとゼリーとペーストが「食事」と呼べるかなぁ?
     あたしは呼ばないね。

ルイザ:完全に栄養管理された健康食よ。
    国民全員に管理健康食が一日三回配給されるおかげで、
    栄養失調で死ぬ子供もいなくなったし、
    肥満や生活習慣病で医療資源を浪費することもなくなった。

エレノア:「登録された国民全員」ね。あたしは違う。嫌いだったし。

ルイザ:グミは結構いけるっていってなかった?

エレノア:ねえねえ、ランクA配給食、食べてみたくない?

ルイザ:えぇ?

エレノア:……国民管理データにアクセス中。
    ルイザ・アーロング。ランクAに書き換え。
    職業、学術センター・三級職員。

ルイザ:エレノア、まさかあなたまた!

エレノア:声に出しちゃだーめ。
    外は監視カメラが効いてる。
    あたしの声はイヤホンにしか流れてないけど、
    あんたの声はマザーに聞こえるよ。

ルイザ:……ぐ。

エレノア:すぐ戻せばバレないって。せっかく舌があるんだもん。楽しもうよ。

■テレビスクリーン

エレノア:『可愛い子供たち。
    統一ユーラシア大陸は、愚かにも人工知能に治世を委ねました。
    人間は、人間の意志の力でより良い世界を作るのです。
    そのために必要なことは私が全て教えます。
    意志の力で私の教えを守るのです。』

■第七地区、配給所(食堂)

ルイザ:ランクBの配給と大して変わらないわね。

エレノア:オーツポリッジ缶、ミートブロック、
    ベジゼリー、ハードブレッド。
    ふうん。少しは味覚に対する刺激を考えてあるようだけど、
    ランクA国民になっても食事は栄養補給でしかないのかー。

エレノア:んで、どれが一番好き?

ルイザ:……好きって?

エレノア:なんかあるでしょ、嫌いとか好きとかマシとか、感想。

ルイザ:栄養補給に感想も何も。その質問になんの意味があるの?

エレノア:会話だよ会話。まずかったとかでもいいよ。なんか感じない?

ルイザ:なにも感じないわ。

エレノア:うげええ。いいから、なんかあるでしょ、なんか!
    言語化しなよ、脳みそをさぼらせないで。

ルイザ:……オーツポリッジは

エレノア:うんうん。

ルイザ:温かかった。

エレノア:うん。事実ね、それ。で?

ルイザ:で?

エレノア:温かくてなに?

ルイザ:……また食べたいと、思った?

エレノア:まあ今はそれでいいや。上出来上出来。
    ランクSにでもなれば多少は人間らしい「食事」になるのかなあ。

ルイザ:どうでしょうね。人間らしいメニューになったって効率は上がらないわ。

エレノア:そうじゃないって。人は、何のために生きる?

ルイザ:そんなこと考える必要がある?

エレノア:いいから。試しに考えてみなよ。

ルイザ:かつての少子化によって縮小した国力を増大させるために、
   管理出産制度によって資源と人数のバランスとりながら計画立てて……。

エレノア:そういうの求めてないから。

ルイザ:マザーは、私たちは国のために生まれ、
   国や公共に貢献するとスコアが上がり、
   スコアが上がると報酬としてより良い生活が得られると教えたわ。

エレノア:それがマザー・ヘッドの洗脳なんだって。

ルイザ:洗脳?

エレノア:価値基準をスコアだけにした。
    そのほかの一切を感じないように。

ルイザ:なにか問題が?

エレノア:感じないと選べないでしょ?

ルイザ:選ぶのはどうして?

エレノア:はあーーーーあんたが、
    心地よく感じるものを選んでいくんだってば!

ルイザ:だからどうして!

エレノア:あんたの人生だから!

ルイザ:私の人生だと、私が選ぶの?

エレノア:そうだよ。赤ちゃんか!
    全部全部、あんたが選んでいくの。
    あんたの周りに心地よいものを集めていくの。
    それが自由な人生ってやつ。

ルイザ:ねえ、エレノア。

エレノア:なに?

ルイザ:あなたは何を選びたいの。

エレノア:あたしは、あたしだってまだ何を選びたいかわかんない。

    だから感じたいんだよ。
    生き物の柔らかさ、足の親指の痺れ、火の熱さ、
    海の匂い、喜び、悲しみ、
    くやしさ、愛しさ、なんだっていい、なんだっていいの、
    感じたい。それが、感覚器から脳へのただの電気信号だとしても。

ルイザ:そう。

エレノア:それで、自分が何を心地よく感じるのか知りたい。
    何を選びたいと感じるのかもっと知りたい。

ルイザ:この旅は、あなたの「やりたいこと」なのね?

エレノア:うん。

ルイザ:そう。なら、手伝うわ。

■テレビスクリーン

エレノア:『私の可愛い子供たち。
    オーストラリア・アフリカ大陸連合は中立を貫いていますが、
    虎視眈々と我々が弱るのを待っています。
    戦争はもういりません。
    私たちが国力によって二大陸に勝る限り戦争は起こりません。
    そのために、すべての国民が力を合わせて効率的に働くのです。
    効率のために、多少の犠牲はしかたありません。
    きちんと働けば、幸せは私が保障します』

■ワシントン行政地区

エレノア:着いたね。

ルイザ:なんど私の個人情報を書き換えたの……。

エレノア:ばれなきゃオッケー。

ルイザ:ワシントン行政地区。エレノア、ここに来たかったのね。

エレノア:うん。……そうだよ。

ルイザ:エラ?

エレノア:ちょっと寝る。第八区へ向かって。

ルイザ:エラ、大丈夫?

エレノア:んー、寝るだけ。

ルイザ:エラ、ねえ、状態を報告して、
    エレノア…エレノア…(できる場合はフェードアウト)

■テレビスクリーン

エレノア:『おはよう、私の可愛い子供たち。
    幸福でいますか。私が教えたとおりに生きるのです。
    何が幸せかわからない、何がやりたいかわからないなどと、
    もう悩まなくてよいのです。
    最適な食事、最適な住居、最適なパートナー、
    最適な家庭、最適な職業。私がすべて与えます。』

■行政管理棟前

エレノア:覚醒。接続チェック。
    マイク、人工声帯、イヤホン、カメラ、接続良好。

ルイザ:気分はどう?

エレノア:さっきよりは。

ルイザ:ブドウ糖不足だった。気づかなくてごめんなさい。

エレノア:……久しぶりに謝ったねぇ。

ルイザ:そうかしら。

エレノア:罪悪感、感じた?

ルイザ:……感じた。

エレノア:いい傾向だね。
    じゃあ、あたしがどこに行きたかったか発表しよう!

ルイザ:わかってるわ。マザー・ヘッドのところでしょう。

エレノア:さっすが相棒。

ルイザ:親友じゃなかったの。

エレノア:どっちでもいいでしょ! あたしたちは「二人で一人」なんだから。

ルイザ:そうね。

エレノア:行政管理棟は
    コンチネンタルネットワークから外れたローカルネットで管理されてる。
    まずは……。

ルイザ:サーバールームに忍び込む。

エレノア:そ!

ルイザ:簡単に言ってくれるじゃない。

エレノア:前に言ったと思うけど、
    忍び込もうとするやつがいない場所ほど、
    セキュリティが甘いんだって。

ルイザ:そうだったわ。

エレノア:とりあえず、アクセスできる範囲の市内カメラはあたしが見てるから。
    あと十五秒後に職員が玄関を通る。
    すれ違いを装ってビルに入りましょ。

ルイザ:わかった。

    数秒間。

■サーバールーム

ルイザ:サーバールーム、ここね。

エレノア:コンピューターにあたしを直接つないで。

ルイザ:うん。

エレノア:んーんーーー、あーはいはい。
    ここがこうで、こうこうで、あー、ね?
    え? マジ? まだこんなプログラム使ってんの?
    はー。こうしてこうして……ルイザ。

ルイザ:なに?

エレノア:アンテナつなげて、ここ。この、どこでもいいや。いけそうなとこ。

ルイザ:……持ってきてないわ。

エレノア:後ろのほら、ラジオ用アンテナ抜いていいよ。

ルイザ:なんでこんなものつけたのかしら、昔の私。

エレノア:五年で世界は様変わりしたってこと。

ルイザ:えと、不格好だけど、これでどう?

エレノア:うん、アクセスできる。おっけー。

■テレビスクリーン
エレノア:『私のかわいい子供たち。
    私はあなたがたを愛しています。
    きちんと私の言うことを聞く、可愛い子供たち。
    私が守ってあげる。
    だから、余計なことは考えなくてよろしい。
    知らなくてよろしい。
    より良く、より幸福に生きましょう』

■マザー・ヘッドの部屋

ルイザ:これは……。

エレノア:これが、あんたたちが従う、マザー・ヘッドの正体。

ルイザ:巨大な、水槽に……脳が、いくつあるのかしら。

エレノア:マザー・ヘッドは、一人の人間じゃない。
    これまでに偉人と呼ばれた人物、
    天才と呼ばれた人物の脳みそをつなげたキメラなんだ。

ルイザ:知ってたの?

エレノア:知ってたよ。博士が教えてくれた。

ルイザ:え?

エレノア:これを作ったのは博士だから。

ルイザ:ええ!?

エレノア:だからマザーは博士を追ってたんだよ。
    同じ技術が流出しないように。
    この建物の地下に博士はいる。
    サーバールームで接続したときに確認した。

ルイザ:博士、生きてるの。

エレノア:うん。さぁて、マザーと直接話をしようかな。
    ルイザ、あたしの外部接続機器と水槽をつないで。

ルイザ:嫌。

エレノア:は?

ルイザ:エレノア、ここまで私を連れてきてくれてありがとう。

エレノア:え?いや、なに?

ルイザ:私、馬鹿だから、
   一人じゃここまでどうやってくればいいか分からなかったわ。

エレノア:何言ってんの、ルイザ。

ルイザ:マザー・ヘッドはスコアを消費して願いを叶えてくれる。

エレノア:願いなんてないんでしょ。
    スコアを上げることがあんたの願いなんだから。

ルイザ:願いができたの。

エレノア:え?

ルイザ:いいえ、思い出した、かしら。
   ありがとう、エレノア。
   私は、私の意思でこれを選べることを幸せに思うわ。

エレノア:え? え?まって?勝手に話進めないで?

ルイザ:あなたは自由に生きてね。

エレノア:ルイザ、ルイザ!! 聞いてよ!!!

ルイザ:マザー・ヘッド、私の信用スコア、五万八千二百五十点で、
   エレノアの脳を私の体に移植してください。

エレノア:やめて!!

   間。

ルイザ:マザー、どうして反応してくれないの・・・・・・
   足りないの? 五万八千二百五十点程度では・・・・・・。

エレノア:ルイザ、聞こえてないから。
    この部屋マイクないから聞こえてないの。

ルイザ:えっ。

エレノア:だからいったじゃん、接続機つなげてって。

ルイザ:あ、ああ、そういうことね。えっと・・・・・・

エレノア:はは、もー、やっぱりお馬鹿だな。昔みたいね。
    ・・・・・・接続完了。さて、マザー・ヘッド、
    初めまして、あたしはエレノア・フィッツ。
    あんたに文句を言いに来た。

   間

ルイザ:エレノア・・・・・・?

エレノア:ん・・・・・・ぐっ・・・・・・
    くっ、マザー、そりゃないよぉ・・・
    いやいやいや・・・・・・

ルイザ:エラ、大丈夫?

エレノア:うっさい黙ってて! やり合ってんの!!

ルイザ:え、はい・・・ごめんなさい・・・

エレノア:マザー、あんたは間違ってる、
    間違ってるよ、あたしたちは、
    国のためだけに、ただ殖えるために生まれてくるんじゃない!
    楽しむの、自分で選んでいくの!
    あんたが全部決めるな!

    長めの間。

ルイザ:・・・・・・エレノア? どうしたの?

    間。

エレノア:私の可愛い子供たち。

ルイザ:マザー!?

エレノア:幸福でいますか。私はあなたがたを愛しています。
    食事を摂って、よく働き、良く休み、よく生きましょう。

ルイザ:エラ、嘘、エレノア、ねえ。

エレノア:あと良く遊び良くふざましょうねェ!
    スコアにとらわれるな、マザー・ヘッドなんてクソ喰らえだ!
    勝ったわ、こんちくしょー!

ルイザ:エラ!!あなた!!ふざけないでよ!!

エレノア:引っかかった?

ルイザ:引っかかった!! あなたそうやって昔から、悪ふざけばかり!

エレノア:(笑い)思い出したでしょ?

ルイザ:ほんとに、そういう、やめてよ!!
   死んだかと思ったでしょ!!

エレノア:大天才エレノア・フィッツ様が負けるわけないじゃーん!

ルイザ:マザーはどうなったの?

   エラ、水槽の脳みそたちと話している。

エレノア:うん? うん。どうする?
    あーおけ。代役? あたし? え? うーん。

ルイザ:エ、エラ?

エレノア:あ、ごめん、みんなと話してた。

ルイザ:みんな?

エレノア:この水槽にいる人たち。

ルイザ:話せる、の?

エレノア:うん、みんな意識繋がってて、
    ラウンジにいるみたいな感じで喋ってる。

ルイザ:す、凄いわね・・・・・・そんなこと出来るんだ・・・・・・

エレノア:意思が一番強い人が発信権を得るっぽい。
    で、これまで発信権を持ってた人、壊しちゃった。

ルイザ:え。

エレノア:ちょっとヒートアップしすぎて焼ききれちゃったみたい。

ルイザ:死んだの。

エレノア:ルイザ。

ルイザ:殺したの!

エレノア:ルイザ。違うって。
    あたしたち、もう死んでる。

ルイザ:……でもエラは、生きてるって、
   自由になりたいって言ってここまで来たんじゃない。

エレノア:うーん。まあ、
    実はルイザがクソつまらなくなって帰ってきたから、
    マザーにムカついてたのと、
    あんたに、発破かけてたってだけかな。

ルイザ:私のせい。

エレノア:あたしはマザー・ヘッドをぶん殴れたから割と満足。比喩だけど。

ルイザ:でも、ガラス瓶が大きくなっただけで、
   あなたは自由を奪われたままで……。

エレノア:と思うじゃん。

ルイザ:え?

エレノア:あたし、今、すごい自由を感じてる。

ルイザ:どういうこと?

エレノア:実は今、ものすごい量の情報が脳みそを駆け巡ってる。
    ここにいる人たちの記憶と知識と意志が共有されてて。
    めちゃめちゃ色々感じてる!

    それに、ここからだとコンチネンタルネットワークの
    すべてにアクセスできるんだ。
    やろうと思えば他の大陸にも。
    これは、すごいよ。どこへだって行ける。

ルイザ:……じゃあ、エレノア、あなた、ここに居たい?

エレノア:うん。

ルイザ:……。

エレノア:ごめんルイザ。あたし、ここに居たい。

ルイザ:そう。

エレノア:どうせ、マザー・ヘッドの代理をしなきゃいけないみたいだし。
    ついでに人が人らしく生きられる国に変えてあげる。
    独裁じゃなくて、もっと、生きてる人が主体になる国に。

エレノア:だからもうあたしの面倒をみなくていい。

ルイザ:……私は。

エレノア:うん?

ルイザ:ランクSになってここに戻ってくる。

エレノア:だからもういいんだって!
    あんたは自由なんだからさ、すきなことやりなよ。

ルイザ:これは私のやりたいことよ。
   あなたと過ごす時間が、私にとって一番心地いいって、
   思ったから、私は、選ぶ。
   スコアを上げて、Sとって、ここで働く。

エレノア:やっぱりあんた、お馬鹿だわ。

ルイザ:天才でしょ?

エレノア:天才ね。

ルイザ:あともうひとつ、やりたいこと、思い出したわ。

エレノア:へえ、なに?

ルイザ:カンガルーを見に行きたい。

   間

エレノア:『これまでに教えてきたことは、
    あなた方が変えてゆきなさい。
    より良い世界にするために、不断の努力をするのです。
    学んで、感じて、知って、考えて、
    歩んで、愛して、選びなさい。
    より良く生きるとはどういうことか、
    あなた方一人ひとりが自分のために見つけるのです。
    大丈夫、あなた方にならできる。
    私の可愛い子供たちは、天才なのですから』

<おわり>
オリジナル 2020.10.22.
転換版 2022.05.20.

NO IMAGE

簡易利用規約

サイト内の文章は、
・非営利目的の利用の場合:無料・報告不要
・商用利用の場合:有料
・比率/人数変更:可
・演者の性別は問わない
・役の性別の変更:台本による
・軽微な変更:可
・アドリブ:可
→詳細は利用規約をご確認ください。