お引越し中につき、あちこち工事がおわっておりません(特にショップ)。ネット声劇・個人での練習以外でご利用の際はご連絡くださいませ。

『砂上のマピニオン』(ベッカver.) 【♂1:♀2】15分

概要

政府軍の襲撃により師匠を喪った少女・ベッカは、命からがら逃げだしたのち、砂漠で気を失ってしまう。目覚めると手足を縛られ、幌馬車に乗せられていた。彼を拾った反乱軍の運び屋・ミリアはベッカの師匠・ラルフに恩があるという。ベッカは生きる意味を失い殺してほしいと懇願するが、ミリアは彼を反乱軍基地でかくまうことに決めた。

  • 所要時間:約15分
  • 人数:3(♂1:♀2)
  • ジャンル:シリアス、ファンタジー、

登場人物

  • ベッカ
       スラム街育ちの元泥棒の少女。幼いころラルフに拾われて測量と地図製作の旅に同行。ある街に滞在中政府軍の襲撃を受け師匠を喪う。
  • ラルフ
    測量士。世界地図を作るのが夢。政府の命で地図製作の旅を始めたが、命にない小さな町の地図も書く。政府軍の襲撃で死亡。(3人での上演時はラストで門兵のセリフを兼ねる。)
  • ミリア
    反乱軍の一員。物資調達がもっぱらの仕事。故郷を政府軍に潰されたがラルフの地図により逃げ出すことができた。
  • 門兵
    反乱軍の一員。基地となっている都市の城門を守る。3セリフ。3人での上演の場合ラルフとの兼ね役。

本編

□酒場、ベッカの記憶 

ラルフ:「さて、時間だ」

ベッカ:(幼)「えー! まだ食べてる……」 

ラルフ:「行くぞベッカ」 

ベッカ:(幼)「待ってよぉ! ラルフ!」

□タイトルコール 

ベッカ:『砂上のマピニオン』 

□砂漠、昼間 
  朦朧としながら砂漠を歩くベッカ。

ベッカ:「……はあ、はあ」 

  水筒を傾けるが水が出てこない。

ベッカ:「水……」
ベッカ:「ちきしょう」 

  ベッカ倒れ込む。

ベッカ:「も、動けない……
     は、あっつい……ちきしょう」 

□夢1、どこかの町の広場 
  遠くにいる幼いベッカに、
  地面に杖を立て声をかけるラルフ。 

ラルフ:「角度は、と…よし。ベッカいいぞ、こい!」 

  歩数を数えながらラルフの方に歩き出すベッカ。

ベッカ:(幼)「いち、にい、さん、し、ご、」
ベッカ:(幼)「………ごじゅうはち!」 

ラルフ:「やりなおし! さっきは六十三だったろう!」

ベッカ:(幼)「五十八も六十三も大して変わんないでしょー!」 

ラルフ:「二百メートルになったら大ズレだぞ小娘。 
正確な測量は正確な歩幅から!めざせ六十歩だ!やりなおし!」

ベッカ:(幼)「もうろくジジイ!」 

ラルフ:「うるせえ跳ねっ返り!」 

□夢2、戦火の都市アルテナ 
  腹を撃たれ倒れたラルフに縋るベッカ。

ラルフ:「……さて、ごふ、時間だ」 

ベッカ:「ラルフ、ねえ、止まって、止まってよ! ねえラルフ!」

ラルフ:「……ベッカ、お前は……歩き続けろ……いいな

ベッカ:「やだ、ねえ! もうろくジジイ……ッ師匠!」 

□砂漠、幌馬車の荷台の上 
  ラバに引かれた幌馬車が、がたがた音を立てる。
  顔の下半分を薄布で隠した女が御者をしている。 
  その中で目を覚ますベッカ。手足を縛られている。 

ベッカ:「……っはあ、はあ、え?幌馬車?何この縄っ」 

ミリア:「目が覚めたかいガキンチョ!」 

ベッカ:「誰あんた」

ミリア:「あたしはミリア。あんたラルフの子?」 

ベッカ:「……違うけど。師匠の知り合い?」

ミリア:「まあね、昔世話になったんだよ」 

ベッカ:「なんであたしが師匠と繋がってるってわかったわけ?」 

ミリア:「これ」 

ベッカ:「あっ、それ、師匠の時計……」 

ミリア:「あーーああ〜ラルフの関係者じゃなかったら
身ぐるみ剥いで売っぱらえたのに〜」

ベッカ:「……そうすれば」 

ミリア:「はァ?」

ベッカ:「師匠は死んだ」 

ミリア:「……その話、聞かせてもらおうか」 

□野外、夜。 
  地面に座り、話す二人。
  火を焚いて食事をしている。

ミリア:「食わないのかい」

ベッカ:「そんな気分じゃない」

ミリア:「茶くらい飲みな。干からびちまうよ。」

ベッカ:「……(飲み込み)ふう」

ミリア:「それにしても、政府軍がもうそこまで」 

ベッカ:「うん。アルテナは占拠された。
あちこちに罠をしかけて、住民の大半は裏道から逃がしたけど、
あたしたちは……」

ミリア:「地の利こそが武器。よく言ってたねぇ。
ヤツらが躍起になってラルフを追っかけるわけだよ」

ベッカ:「あたしは地下道から……」 

ミリア:「よく生き残ったじゃないか」 

ベッカ:「ふざけないでよ、なにがよく生き残ったよ」 

ミリア:「な、どうした? 落ち着けよ」

ベッカ:「あたしが、あたしが死ねばよかった」

ミリア:「……」 

ベッカ:「あたしなんか、ただの薄汚い泥棒だよ、
師匠が、師匠が生きてたら、
もっとみんなを助けられて、もっと、
あたしじゃなくて、生きるべき人が生きられた!
あたしが死ぬべきだった!」

ミリア:「……はぁ」 

  食器を置きミリアに詰め寄るベッカ。

ベッカ:「ねえ、あんた、欲しいんでしょ!?金が! 殺してよ!」

  自分の荷物袋を引き寄せて道具を取り出し見せながら。

ベッカ:「全部持っていっていいからさ、
時計も、羅針盤杖(らしんばんじょう)も、
鉄鎖(てっさ)も、半円(はんえん)方位盤(ほういばん)も、
地図、インク、ほら、これも、 
紙! 貴重でしょ!? 売れるって! 
殺してよ!ねえ!!」 

  ミリア、ベッカをはたく。
  手で音出し。ベッカは受ける息が出来れば。

ミリア:「あたしは、あんたがどこで野垂れ死のうとどうでもいい」 

ベッカ:「……」 

ミリア:「でも、ラルフが生かしたんなら、あんたを生かす」 

ベッカ:「なん、で」

ミリア:「昔、救ってもらったから」 

ミリア:「だから、この時計はあんたが持っておきな」 

  懐中時計をベッカの手に握らせる。 

□夢3 高台、夜明け頃 

ラルフ:「さて、時間だ!」 

ベッカ:(幼)「まだくらいよラルフ」 

ラルフ:「もうすぐだ」

ベッカ:(幼)「何がーーーおなかすいたよぉ」 

ラルフ:「ほら、もうすぐ明るくなる」 
  
  太陽が昇る。 

ベッカ:(幼)「きれい」 

ラルフ:「ここがこの街で一番高いところだそうだ」 

ベッカ:(幼)「……わぁ」 

ラルフ:「……ベッカ、お前の目には何が映る」 

ベッカ:(幼)「エーット、あそこの市場でリンゴを盗んだら、
その裏を通ってこう、右の小道を入って、
あっち側の路地裏らへんで追っ手を撒けるかな、とか」

ラルフ:「なんで路地裏で撒けると思う?」 

ベッカ:(幼)「え? 昨日通ったじゃんあそこ。だいぶ入り組んでたよね。
出口と分岐点さえ押さえればそんな難しくはないけど」 

ラルフ:「はっはっはっは! すばらしい! 
一度通っただけなのにあれがあの道だと分かったのか!
やはり逃げ道に関しては物覚えいいなお前!」 

ベッカ:(幼)「盗みの算段を褒められたのは初めてだよ」

ラルフ:「いいんだよ。今日はここからスケッチだ」

ベッカ:(幼)「はーい」 

□砂漠、幌馬車

ベッカ:「この揺れどうにかなんないの?」

ミリア:「荷物と一緒に乗せてやってんだ感謝しな。」

ベッカ:「お尻が三つに割れちゃう……」 

ミリア:「勘違いすんなよ、あんたを生かすのは
あんたのためじゃない。ラルフのためだ」

ベッカ:「……はぁ?」 

ミリア:「あんたが死んだら、ラルフも、本当に死んじまうって事だよ」

ベッカ:「意味わかんない」

ミリア:「わかんないなら黙って生かされときなガキンチョ」 

ベッカ:「……もう生きる理由なんてないよ」 

ミリア:「ふん。本当にラルフの弟子? こんな小娘が」 

ベッカ:「うるさい年増」

ミリア:「いつか殺す」

ベッカ:「だから今殺してよ」 

ミリア:「いつかだよ、今じゃない」

ベッカ:「……ねえ、ミリア、さん。なんで師匠は、
殺されなきゃならなかったの」 

ミリア:「あぁ? そんなことも知らずに弟子やってたわけ?」 

ベッカ:「……教えてくれなかったんだもん」 

ミリア:「……あいつの教育方針は『見て盗め、やって覚えろ』だからな。
いいか、地図っていうのは、情報なんだ。そして、情報には価値がある」

ベッカ:「情報」

ミリア:「あたしは、イシドラの出身だ」 

ベッカ:「イシドラって……あの、大火の」 

ミリア:「そう。反乱軍の拠点だった。
火事は自然発生だなんて言われてるけど、
政府軍の仕業。あのあと軍がやってきて、
真っ平らにされた。もうあそこに人は住んでない」

ベッカ:「そんな、ありなの」 

ミリア:「なんでもアリさ。でもね、死者は一人もいなかったの」

ベッカ:「え、ほんと?」 

ミリア:「ラルフの地図があったから」 

ベッカ:「……」

ミリア:「ラルフは地図に、細道、水路、裏道、
水場、地下倉庫や、倒壊しそうな所を記してくれていた。
イシドラではそれを書き写して、みんなが持っていた。
だからすぐに逃げられた」 

ベッカ:「でも、あんたらの街は」

ミリア:「そうだね。なくなっちまったし、
住人もバラバラになっちまった。でもほら、広げてみな。」

  ミリア、ポケットから地図を出し渡す。

ベッカ:「ん……これが、イシドラ?」 

ミリア:「そう。あたし達の故郷は、ここに確かにあったんだよ」 

ベッカ:「……」 

ミリア:「わかるかい?地図が厄介なもので、
あたしたちにとっては武器にもなるってことが」 

ベッカ:「わかった、けど、あたしは」 

ミリア:「ふん、あんたが何を思おうと
引きずってでも書かせるよ」

ベッカ:「……」 

  時間経過後。幌馬車の荷台に寝転んで、
  時計をぶらぶらさせるベッカ。

ミリア:「こりゃあ、着くのは夜になっちまいそうだな」 

ベッカ:「ねえ、あたしたち、どこに向かってるの」

ミリア:「あたしたちの基地。そこならとりあえずかくまえるから」 

ベッカ:「ふぅん……」

ミリア:「あとその時計、直しておいたよ」

ベッカ:「え」 

ミリア:「蓋が歪んでて開かなかったんだろう?」

ベッカ:「そう、だけど」 

ミリア:「開けてみな」

ベッカ:「……」 

  懐中時計の蓋を開くと
  小さく折りたたまれた紙が入っている。 

ベッカ:「紙……?」 

  ラルフの手紙(冒頭とラストはベッカが読み上げる)

ベッカ:「ベッカへ。 
この時計をお前に託すのは、お前とはぐれるときだ。
測量や製図のことだけじゃない。
旅をするためのいろいろな知識を与えてきた。

ラルフ:まあお前は逃げ道以外のことに関しては覚えが悪いから、
どれだけそのおつむに詰まっているかは心配だがな。 
だが、もし私から離れても、その技術がお前を助けてくれるだろう。
私の夢をお前に背負わせはしない。
お前は生きるためにその技術を使いなさい。
測量士を名乗りなさい。
その肩書もお前の命を助けるはずだ。

ベッカ、お前はもうスラムの泥棒ではない。
なんならウォーカーを名乗ってもいいぞ!
歩みなさい。その足を使え。
歩く意味など問うな。ただ進め。 

困ったら、トゥーラン、ジバダ、リスモスを訪ねなさい。
古い知り合いが数人いる。手を貸してくれるはずだ。
リスモスには私の姉がいるから、まずはそこを目指すといい。
食べ物に困ったら、時計と羅針盤は売ってしまいなさい。
当分食いつなげる値段にはなるだろう。
お前なら星の導きが読めるはずだ。 

もしはぐれても、歩いていればどこかで必ず出会うはずだ。
なんたって、この世界はまん丸だからな!

ベッカ:そして、私は世界のすべてを描く男だ!
さて、時間だ。また会おう、待ってるぞ。
ラルフ・ウォーカー」 

  手紙を読み終え、数秒開け。
  泣くのをこらえるベッカ。

ベッカ:「ばか師匠」

ミリア:「……」 

ベッカ:「どこで待ってんのよ」

ミリア:「……ここじゃない、どこかだよ」

ベッカ:「ばか師匠」 

□城門前、夜 

ミリア:「そろそろ着くよ」

ベッカ:「うん」 

ミリア:「いいか、反乱軍だって甘くはない。
ここで生きるには、自分の有用性を示すしかないよ」 

ベッカ:「わかってる」

門兵(ラルフ兼):「許可証と名を」

ミリア:「こんばんは。ほら、許可証だ。ミリア・ハーネット」 

門兵:「よう、ミリア。毎度ご苦労さん。酒は手に入ったか?」 

ミリア:「安酒しかないよ。今回は代わりに肉がある」 

門兵:「いいねえ……で、 そっちのガキは」

ミリア:「自分で名乗りな」

ベッカ:「あたしは、ベッカ……
ベッカ・ウォーカー。測量士だ」 

<おわり>

18.08.08

NO IMAGE

簡易利用規約

サイト内の文章は、
・非営利目的の利用の場合:無料・報告不要
・商用利用の場合:有料
・比率/人数変更:可
・演者の性別は問わない
・役の性別の変更:台本による
・軽微な変更:可
・アドリブ:可
→詳細は利用規約をご確認ください。