お引越し中につき、あちこち工事がおわっておりません(特にショップ)。ネット声劇・個人での練習以外でご利用の際はご連絡くださいませ。

『SHADOW LITE』【不問5】50分

概要

異形の者たちが暮らす、常夜の世界。そこでは「目玉の数」がものを言う。一つ目は蔑まれ、二つ目は徒党を組み、三つ目は鼻高々に。鬼人と影人は相容れぬ。犯罪者「目玉狩り」を追って、今宵も「シャドウ・ライト」の目が光る。

イメージイラストより台本を書き起こす、合作企画でした。
イラストはにょすけさんより。
臍帯とカフェイン

  • 所要時間:約50分
  • 人数:5(全不問)
  • ジャンル:ファンタジー、人外

登場人物

  • テトラ
       三つ目の影人。大きな帽子にジッパー付きのコート。もともとは四つ目。母親の腹の中で双子の兄の目を奪って生まれてきた。幼少期に渡してしまった一つの目を取り戻すために「目玉狩り」を追う。冷静と見えて激情型。目的以外のものが見えない。
  • ビビ
    二つ目の影人。テトラの帽子に乗れるくらいのサイズ。丸い体にくるんとしたしっぽ。無邪気。助けてくれたテトラについてきた。ものをよく見る。
  • ユニ
    一つ目の鬼人。小さい。日本の角に大きな瞳。姉御肌。「一つ目」と見下されることにフラストレーション。バー・サイクロプスを経営。二つ目になりたい(見下されたくない)。
  • モノ
    一つ目の鬼人。大きい。おおらか。普段はぽやんぽやんしている。ユニの舎弟。モノ・ジョリー(陽気なモノ)というあだ名がある。楽しく生きたい。サーティーンスを兼ねる。
  • ハンディ
    宿屋「ハンディズ・ハウス」の主人。人種はなぞ。病気で目が見えない。本体はカーテンの後ろにいて、巨大な右手と左手が表でやりくりしている。寂しすぎて右手と左手で会話している。サーティーンスを屋根裏にかくまっており、「シャドウライトを連れてきたら目を分けてもらう」という約束をしている。再び目が見えるようになりたい。
  • サーティーンス
    13個の目を奪った、もとは二つ目の影人の「目玉狩り」。目玉を取り込みすぎて自分の形を保てない。モノ役の人が兼ねる。うめき声のみ。(飛ばしてもOK)

本編

■ディープシェード通り、夜

ビビ:テトラ、お花! 見てみて! お花! 

テトラ:……昨日も見た。

ビビ:でも昨日のと違うお花だよ!
  ちゃんと見て。
  昨日のより葉っぱがトゲトゲしてるし、
  紫は濃いし、ふちがオレンジでしょ?

テトラ:暗くて色なんぞ見えん。
  ただのヒカゲソウだ。

ビビ:もー! わかってないなー。

テトラ:いいか、二つ目。
  いい加減黙らないとそのしっぽ引きちぎるぞ。

ビビ:二つ目じゃなくてビビって呼んで!

テトラ:目玉狩りがいるんだ、邪魔をするな。
  僕の影に沈められるか、帽子の中で静かにするか、選べ。

ビビ:むぅー!

   テトラ、ドアノック
   または SEドアベル(インターホン)

   ドアが開き、長い腕と大きな左手が現れる。

ハンディ:左)こんばんは。
  悪いけど部屋は空いてないよ。他をあたりな。

ビビ:ほあー、でっかい手。からだはどこ?

テトラ:この手紙、差出人はあんたで間違いないか。

ハンディ:左)手紙ぃ? 
  あたしゃ手紙なんか書かないよ。見えないからね。

テトラ:……三つ目の旅人、シャドウ・ライト殿へ。
  「目玉狩り」の情報を持つ。
  この手紙を受け取り次第、
  ミッドナイトタウン、ディープシェード通り八番地、
  宿屋「ハンディズ・ハウス」まで来られたし。
  差出人、ハンディ・ライティ。

ビビ:腕なっがいね! ね!
   手にお口ついてるね! むぐ。(帽子を押さえられた)

ハンディ:左)ああ、ライティが書いたんだね。
  でもどうやって?
  ライティ、どうやって書いたんだい?

ハンディ:右)そらぁ、目をね、借りたんだよ、レフティ。

ハンディ:左)一体だれから?

ハンディ:右)さあ、だれからだろうねぇ?

ハンディ:左)からかうんじゃないよ、
  本当のことをお言い、ライティ。

ハンディ:右)真実はいつも影の中。

ビビ:ねえ、一人でしゃべってるよね、ね!
  右手さんと左手さんでしゃべってるよね!
  なんで? なんで?

テトラ:なあ、3分でいいから黙ってくれないか?

ビビ:えー! だって気になるんだもん!

ハンディ:左)ふふ、あたしはハンディ・レフティ。
  奥にいるのがハンディ・ライティ。
  あんたに手紙を出したのはライティだ。
  話があるならライティに聞きな。

テトラ:そうか、では、そのライティと話がしたい。

ハンディ:左)だそうだよライティ!

ハンディ:右)聞こえてるよぉ、レフティ。

ビビ:(小声)やっぱり一人でしゃべってるよね!
   ね、テトラ、わぷ。(帽子押さえられた)

テトラ:少し、口を、閉じろ。

ハンディ:左)入りな、三つ目さん。

   ドア閉まる。
   建物の影から覗く二体。

ユニ:見たね?

モノ:見た。

ユニ:闇夜に光る三つの目……
  アイツがシャドウ・ライトだよ、
  そうに違いない。

モノ:んだな。

ユニ:これで、アタイたちも念願の二つ目になれるよォ。

モノ:んだけども、あいつの目は三つだろぉ?
  おれたちがそれぞれとっちまったら、
  今度はあいつが一つ目になっちまうよ。
  それはなんだか、かわいそうだなぁ。

ユニ:アンタってやつは本当に馬鹿だね。
  アイツ自身の目玉なんかとろうとしたら
  アイツと戦わなきゃいけなくなるだろ。

モノ:ううぅ、おれたちみたいな一つ目じゃぁ、
  三つ目には勝てないよ、ユニ。

ユニ:頭を使いな、モノ・ジョリー。
  いいかい、アイツは、目玉狩りを狩ってんだよ?

モノ:目玉狩りを狩ってるってことは……
  「目玉狩り」狩り?

ユニ:ああそうさ! そんで、
  アイツが狩った目玉狩りの目玉はどこへ行った?

モノ:んー。 質屋に売った?

ユニ:バカタレ。目玉に値段がつけられるかい。
  絶対に、持ってるよ。

モノ:そうなのぉ?

ユニ:ああ。アイツが狩った「目玉狩り」が狩った目玉をね。

モノ:目玉を狩った目玉狩りを狩った目玉を……あれ? 

ユニ:いいかい、よぉくお聞き、お馬鹿で可愛いモノ・ジョリー。

  アンタはアタイの言う通りにすればいいんだからね。

■タイトルコール
テトラ:「シャドウ・ライト」

■ハンディズ・ハウス、一階、ダイニング
   お茶の支度をするハンディ。

ハンディ:左)コート掛けはドアの横だよ。

テトラ:お構いなく。

ハンディ:左)暑くないのかい?

テトラ:問題ない。

ハンディ:左)はあ。そんで?
  お前さんが噂のシャドウ・ライトってやつかい?

テトラ:知らん。手紙にもあったが、なんだそれは。

ビビ:そうだよ! そうそう!

テトラ:なぜお前が答える。

ビビ:闇夜を切り裂く、三つの眼光……
  その名は、シャドーーーーライトォ!
  かぁっこいいー! 

テトラ:なんだその妙なフレーズは。

ビビ:詩人さんが歌って回ってるんだよ。
  オイラの町にも来たの!

ハンディ:左)ドクウツギ茶でいいかい?
   シャドウ・ライトさんや。

テトラ:その呼び方、やめてくれないか。三つ目でいい。

ビビ:名前はテトラだよ!
  オイラ、ビビ! よろしくね左手さん!

   テーブルの上で跳ねるビビ。

ビビ:んしょ、あんねぇ、オイラはぁ、
  タンポポのミルクかぁ、
  ツツジの蜜がぁ、いいなぁ! 

ハンディ:左)図々しいねえ。
  テーブルで跳ねるのはおやめ、おチビちゃん。

ビビ:はぁい! ん?(カーテンに気づく)

テトラ:……なぜコイツがチビだと分かる?
  見えないんだろう?

ハンディ:左)見えなくったって分かるさ。
  跳ねる音の重さ、
  声の印象、振動。
  感じることは沢山ある。

テトラ:なるほど。
  視覚を持たない者は他の感覚が鋭くなると聞く。

ハンディ:左)まあそんなもんだ。
  ……こら、おチビちゃん。
  ひと様の家を勝手にうろちょろするんじゃない。

   ビビを摘まみ上げテーブルの上に戻すハンディ。

ビビ:わわ、しっぽ摘ままないでよぉ!

ハンディ:左)カーテンの向こうにはなんにもないよ。

ビビ:うっそだー! だってぇ、腕こっからでてるじゃん!

ハンディ:左)あんたの連れ、ずいぶん躾がなってないじゃないか? え?

テトラ:連れじゃない。勝手に着いて来るんだ。

ハンディ:左)ふうん? ずいぶんと親しげだけどね。

テトラ:僕と二つ目のことはどうでもいい。
  さっさと本題に入りたい。
  右手のほうはまだ出てこないのか。

ハンディ:右)お呼びかぁい?

ハンディ:左)ずっと呼んでるよ、ライティ。

ハンディ:右)なあに、裏庭のイチイの実を摘んでたのさ。
  おチビちゃんにあげるのにねぇ。

ビビ:くれるの? わあ! 
  真っ赤っかでおいしそう!
  ありがとう、右手さん!

ハンディ:右)たんとお食べ。
  さぁて、なにから話そうか。シャドウ・ライト。

テトラ:はあ、同じことを言わせるな。

ハンディ:右)さっき話してたのはレフティだよ、三つ目さん。

テトラ:で? 親切な情報提供か? それとも依頼か?

ハンディ:右)依頼さ。

テトラ:内容は。

ハンディ:右)あたしはあんたに目玉狩りの情報を渡す。
  あんたは目玉狩りを生きたまま捕獲して連れてくる。

テトラ:生け捕りか。どいつだ?

ハンディ:右)サーティーンス。

テトラ:……いるのか? この街に。

ハンディ:右)ここから先は、
  あんたが引き受けるかどうか聞いてからだね。

テトラ:手配書は「生死問わず」だが、
  生け捕りは殺すより難しいんだ、知ってるか。

ハンディ:右)ビビッてるのかぁい?

テトラ:ふん。依頼料は、5シルクス、2ペインだ。

ハンディ:右)懸賞金より高いねえ。

テトラ:いいか、僕に依頼をするということは
  当然知ってるだろ。
  僕が、目玉狩りを殺して回ってるって。
  殺せないなら、メリットはない。

ハンディ:右)ふん。いいよ。

テトラ:……2シルクス前払い。

ハンディ:右)前払いは1シルクスだ。
  その代わり、滞在中はここの部屋を使っていい。

テトラ:いいだろう。

ビビ:テトラぁ、まだぁ?

テトラ:これからだ、二つ目。

ビビ:オイラもう眠いよぉ。

ハンディ:右)詳しいことは明日話そうかねぇ。
  レフティ、鍵を三つ目さんに。

ハンディ:左)あいよ。ほら、201号室だ。

テトラ:部屋は空いてないんじゃなかったか?

ハンディ:左)事情が変わったからね。

テトラ:僕はまだ眠くない。さっさと情報をよこせ。

ハンディ:右)急ぐこたぁないよ。
  どうせまだことは動かないんだ。それに……。

テトラ:……ん?

ハンディ:右)おチビちゃん一人じゃ、
  ドアを開けられないだろう。

テトラ:(息(探る)

ハンディ:右)(鼻で笑う)

■ハンディズ・ハウス、二階、朝

テトラ:起きろ、二つ目。朝だ。

ビビ:(寝言)まってーきれいなちょうちょさぁん。

テトラ:(ため息)

   テトラ、部屋を出る。

テトラ:早朝というには遅い時間だが……
  ほかに宿泊客がいる様子はないな。

   這いずる音。

テトラ:なんだ、この這いずるような音。上か?

   ハンディに後ろから肩をたたかれれる。

テトラ:(息(驚き)

ハンディ:左)起きてたのかい。

テトラ:あ、ああ。

ハンディ:左)朝食の用意はできてるよ。

■ハンディズ・ハウス、ダイニング、朝

ビビ:うーん。

テトラ:早く選べ。

ビビ:うーーーん。

ハンディ:左)どうしたんだい、おチビちゃん。
  どっちも同じイモリの丸焼きだよ。

ビビ:同じじゃないよ!

テトラ:何に悩んでるんだ。

ビビ:こっちはしっぽが長くてカリカリ、
  こっちはおなかが膨れててモチモチ。
  カリカリか、モチモチか……それが問題だ。

テトラ:(ため息)

ビビ:テトラはどっちが好き?

テトラ:どっちでもいい。

ビビ:どっちが好き?

テトラ:……知らん。

ビビ:えー! 自分の好きがわからないの?

テトラ:腹に入れれば同じさ。

ビビ:同じじゃないよぅ!
  じゃあ、オイラカリカリ!
 (食べる)あーむぐむぐ。

ハンディ:右)さて、昨日の続きだ。

テトラ:サーティーンスの情報は。

ハンディ:右)二週間ほど前かねぇ、
  ここを訪ねてきたんだよ。

テトラ:目玉狩りがか?

ハンディ:右)そのときは知らなかったさ。
  客としてきたんだからね。
  ずいぶん疲れている様子だったが。

ハンディ:ひと月ほど部屋を貸してほしいと。
  そのときはちょうど祭りの時期でねぇ、
  部屋が空いていなくて断ったんだ。

テトラ:見た目は?
  といっても、見えないんだったな。

ハンディ:右)すまないねえ。
  話し方は、敬語で、丁寧な感じだったけどねえ。

テトラ:……なぜそいつがサーティーンスだと思ったんだ?

ハンディ:右)お客の一人が教えてくれたのさ。
  手配書で見たことあるって。
  それに、分厚いコートを着て、
  前をずっと押さえていて不審だったそうだ。

テトラ:うかつだな。変装もせずに宿を訪れるなど。

ハンディ:右)よっぽど焦ってたんだろうよ。

■ミッドナイトタウン、昼

ビビ:あ! ちょうちょ!

テトラ:二つ目、着いて来るなと言ったろ。

ビビ:あそこ、いやー。

テトラ:はあ。邪魔をするなよ。

ビビ:(食べる)あーーーむ!
  うげ、ちょうちょおいしくない……。
テトラ:……テントウムシは美味いぞ。

ビビ:そうなの? テトラ、テントウムシ、好き?

テトラ:……まあ、そうだな。

ビビ:またテトラのことがひとつわかった!

テトラ:知ってどうする。

ビビ:テトラと仲良しになる。

テトラ:無意味なことを……。

ビビ:無意味じゃない!
  テトラはオイラを助けてくれたから、
  いつかオイラがテトラを助ける!

  そのためには、
  いつ困るのかわかんないと助けられないかんね!

テトラ:今、困ってるよ、僕は。

ビビ:そうなの? 助ける?

テトラ:お前が邪魔だからだよ。迷惑だ。

ビビ:たはー! ごめんごめん!
  でもぉ、迷惑はお互い様だかんね!

ビビ:テトラもオイラに迷惑かけていいよ! 

テトラ:お前に迷惑をかける日は一生来ないだろうよ。

ビビ:えー。 

ユニ:あらあ、こんにちは、
  三つ目さん。素敵なコートね。

テトラ:……一つ目が何の用だ。

ユニ:(耐える)……ぐっ。

ビビ:あらあ、おっきなおめめ!
  キラキラして素敵だね!

ユニ:……ありがとう、かわいい二つ目ちゃん。

ユニ:アタイ、この街のもんだけどね、
  あんたたちよそモンだね?

テトラ:そうだが。

ユニ:アタイのお店。来ない? サービスするよぉ。

テトラ:何屋だ。

ユニ:オトナの、バー、よん。

テトラ:僕には不要だな。

ユニ:そうなのぉ?
  疲れが吹っ飛ぶってここいらじゃ評判なんだ・け・ど。

ビビ:おいしいごはんある?

ユニ:あるよぉ。カエルのコースなんてどう?

ビビ:カエルかぁ~オイラ、カエルはなぁ~ちょっとな~。

テトラ:遊んでいる暇はない。(去ろうとする)

ユニ:(呼び止め)ちょっとちょっと、
  アンタ、目玉狩りについて調べてんだろ?

テトラ:知っているのか?

ユニ:ああ! うちの常連がね、
  最近それっぽいのを見たって言ってたような。

テトラ:その常連とやらにはどこで話を聞ける。

ユニ:うちの、お・み・せ。
  夜、来てねぇ。はい、カードあげる。

テトラ:バー、サイクロプス。

ビビ:わー、悪趣味なカラーだね!

ユニ:失礼ね! おこちゃまにはわかんないのよ!

ビビ:オイラァ、ツツジの蜜が飲みたいなあ。
  素敵な一つ目さぁん。

ユニ:はいはい、用意しとくから。

ビビ:あとテトラにテントウムシのから揚げね!

ユニ:わかったってば、がめついチビちゃんね!

    ユニ、去る。

テトラ:……勝手に約束をするな。

ビビ:でも情報あるって言ってたよ?

テトラ:サーティーンスに、
  僕たちが探っていることを知られるのが問題なんだ。

ビビ:なんで?

テトラ:いいか、ティーンナンバーは
  奪った目の数を考えても確実に殺しをしている。
  今まで僕が相手にした中で、
  殺しをやってたのはセブンスだけだった。

ビビ:んー、強いってこと?

テトラ:容赦がないってことだ。

ビビ:テトラより強い?

テトラ:おそらく。

ビビ:テトラだって今、十三個でしょ。

テトラ:サーティーンスということは、奪った数が十三個。
  もともとの目の数がわからないから、十四でもギリギリだ。

ビビ:んー。じゃあ、そのときはオイラの目をあげるよ。

テトラ:はあ?

ビビ:それで十五でしょ?

テトラ:お前、すべての目を奪われるってことが
どういうことかわかってないな。

ビビ:わかってるよ。オイラの目の前で、
  お母ちゃん、とられちゃったからね。

テトラ:・・・・・・そうだったのか。

ビビ:ん。お母ちゃんの目、
  取り返してくれてありがとうね。

テトラ:いや、間に合わずすまなかった。

ビビ:いいのいいの! 
  オイラぁ、やることなくなっちゃったから、
  できることあったら言ってほしいなあ。

テトラ:……僕は、あいつらと同じことはしない。
  いくら強くなれるとしても、
  他人の目は奪わない。あいつらとは違う。

ビビ:そっかあ。強いね! かあっこいい!

テトラ:やめろ。

■ハンディズ・ハウス
ハンディ:左)随分ご機嫌だね、ライティ。

ハンディ:右)あんたもねぇ、レフティ。

ハンディ:左)やっとだね。

ハンディ:右)やっとだねぇ。

ハンディ:左)うまくいくかね?ハンディ:右)うまくいかせるんだよぉ。

ハンディ:左)何年ぶりだろうねぇ、見えるのは。

ハンディ:右)楽しみだねぇ、何を見ようか。

ハンディ:左)鏡、鏡だよ。

ハンディ:右)ああ、あたしたちの顔。

ハンディ:左)美しい顔。

ハンディ:右)楽しみだねぇ。

■バー・サイクロプス、夜

モノ:本当に、やるのぉ?

ユニ:やるんだよ。アイツ、アタイのこと見下した……!

モノ:絶対うまくいかないと思うけどなあ。

ユニ:馬鹿だねぇ!
  サル酒(さるざけ)が嫌いなやつなんているかい?

モノ:そっちじゃなくてぇ、
  おれ、マジックなんてできないよ。

ユニ:マジックは適当でいいのさ!
  アイツの目を眩ませ(くらませ)るのが大事!

モノ:うう。ライトの位置どこだっけ?

ユニ:左右、正面!
  大丈夫、アンタの大きな目にかかってるよ、モノ・ジョリー。

   ドアベルが鳴り、テトラとビビが入ってくる

テトラ:一つ目、来たぞ。

ビビ:こーんばんわー!

ユニ:よく来たねぇ! お席はこっちだよ。

テトラ:常連とやらはどこだ。

ユニ:そんなに急ぐもんじゃないよぉ。帽子とコートを預かろうか?

テトラ:いや、いい。

ユニ:遠慮しないで、ほら!

テトラ:(圧かけて)触るな。

ユニ:……そ、そうかい、じゃあ、
  ウェルカムドリンクを用意するよ。

ビビ:わー! メニューいっぱいだね!
  テトラ、ほら! おいしそう!

テトラ:(ため息)適当でいい。

ビビ:どれが好き?

テトラ:……知らん。

ビビ:まーたーそーれー!
  ちゃんと見て、ほら! 今、どれ食べたい?

テトラ:……。

ビビ:わかんないかー、
  もー、しょうがないなーテトラはー。

ユニ:キュートな二つ目ちゃんには、
  ほおら、ツツジの蜜。
  イカした三つ目さんは、お酒はイケる?

テトラ:なんでもいい。

ビビ:覚えててくれたの! ありがとう!

ユニ:もちろんさ。食べ物は決まった?

ビビ:テトラはなあんにも自分の好きなものが
  わからないからなー。テントウムシ以外。

テトラ:このチビ。

ビビ:じゃあねー、ヤマモモのピクルスとー、
  イモリのカリカリ揚げと、
  カブトムシの幼虫ソテーとー、
  ヤマゴボウゼリーと、花粉だんごとー。

テトラ:僕の金だぞ。

ユニ:仲良しなんだねえ。

テトラ:その目は節穴か? 

ユニ:あら、一つしかなくても、
  アタイの目はよぉく見えてよ、三つ目さん。

テトラ:ふん。

モノ:れ、レディースあーーんどジェントルメーン。
  一つ目さんから三つ目さんまで!
  今宵はこのモノ・ジョリーが、
  不可思議ミラクル、奇妙キテレツな世界にぃ、
  お招きするぜぇイェアアア!

ビビ:(棒読み)わあ。すごいテンション。

モノ:最初のマジックはぁ、そう、
  みんな大好きカードマジックだあ!
  お客様のなかに、
  協力してくれるかわいこちゃんはいるかなァ!?

ビビ:はい! はいはーい!

テトラ:こら、お前っ

モノ:お、しっぽがキュートな二つ目ちゃんだねぇ!
  こっちへ来てくれるかな?

ビビ:おっけおっけー!

テトラ:(ため息)

モノ:今からカードをシャッフルするぜぇ、君は

ビビ:ストップ!!

モノ:おぉう……察しがいいねえ。
  じゃあこのカードを、

ビビ:オイラそっちじゃなくてこっちがいい。上の。

モノ:お、おう、そうかい?
  じゃあ、こっちのカードを見て、覚えてくれ。

ビビ:ん! 覚えた!

モノ:よおし、デックに戻すよー。
  お客さんが選んだカードをぉ、シャッフルして。
  さあ、どこにいったかわからなくなっちゃったよぉ。
  デックから透明なカードを一枚とる。
  そして、投げる!

ビビ:わ、投げたの!? 見えなかった! 

モノ:そうさ、そしてそのカードはー、
  君のお連れさんのー、コートの内ポケットに入ったー!

ビビ:えー!

テトラ:はあ?

ユニ:三つ目さぁん、カード、探してみなよぉ。
  なんならアタイが手伝おうか?

テトラ:いい。触るな。

ユニ:ちっ。

テトラ:(探しながら)透明なカードだと、そんなもん……。

ユニ:(小声)コートを脱がなきゃ目玉がどこにあるかわからないじゃないの……。

テトラ:あ?

ユニ:な、なんでもないよぉ!

テトラ:……あった。

ビビ:えー!? 何のカード!?

テトラ:スペードのジャック。

ビビ:……。

モノ:あー、君がぁ、引いたのは?

ビビ:(溜めて)スペードの、ジャックーー!! すごーーい!

モノ:おおおおおう! (小声)よかった。

テトラ:内ポケットにはなかったがな。

モノ:……今日はカード投げが
  うまくいかなかったみたいだ!
  はっはっはぁ!

ビビ:でも当たったよ! すごい!
  オイラ、目だけはいいのにわっかんなかった!

モノ:魔法だから、さ!

ビビ:まほう……!

モノ:お次はー、(ユニを伺う)

ユニ:(小声)ま、だ!

モノ:……魔法のボックスショー!

ビビ:わあー! ぱちぱちぱちー!

ユニ:お待たせしたね、料理だよ。

テトラ:茶番に付き合っている暇はないんだが。
  常連とやらはいつ来る。

ユニ:もうちょっとで来るよぉ。

テトラ:(ため息)

ユニ:それまで、アタイとお話ししない?

テトラ:しない。

ユニ:うぎっ……あ、そ、そーだ、
  目玉狩りならねえ、噂くらいなら聞いたよぉ。

テトラ:なんだ。

ユニ:目玉狩りは、コートを脱がないってハナシ。

テトラ:そうか。

ユニ:アンタも、そうじゃない?

テトラ:(息(いやそうに身を引く)

ユニ:そのコートの下、アタイ、見たいわぁ。

テトラ:やめろ。

ユニ:あら、見せられないような、だらしないカラダなの?

テトラ:そうじゃない。お前の身のためだ。

ユニ:そう。ざぁんねん。

ビビ:鳩ーー! すごぉい!

モノ:(焦り)さあて、そろそろクライマックスだ!
   ユニィ! まだなのぉ!?

テトラ:ん? あ、この、酒、お前っ。

ユニ:ええい! モノ、やりな!

モノ:ライトアーップ! ビッグ・アイ! カッ!(目を見開く)

ユニ:ほおら! 全部反射しな!

テトラ:くっ、光がっ

ユニ:はっは! 見えなければなぁんにもできないだろ!

ビビ:(箱に入れられる)えっ、わぷ!

モノ:おチビちゃんは箱にいな!

ユニ:目玉はもらうよぉ!

テトラ:やめろ!

ユニ:(悲鳴)腕にはじかれた)うぎゃっ!

モノ:ユニ!?

テトラ:(抑え込む呻き)う、ぐ、ぐぐぐ、

モノ:あ、あんた、その体……!

テトラ:(荒い息)ふー、ふー、触るな、と、言っただろうが!

モノ:形が、定まってねえじゃねえか!

テトラ:(荒い息)制御がきかないんだ……。

モノ:う、う、め、目玉をよこせ!

テトラ:う、ぐ、ぐあ!(腕が出た)

モノ:(首つかまれた)んぐ!

テトラ:食いたい、食いたい、食いたい
  ……ああ、大きな目玉だなぁ、いいなあ……。

モノ:(耐えている)んぐぐぐぐぐ……。

ユニ:いたた……モノ!?

モノ:ユニぃ……だめだ、こいつ、強すぎる!

ビビ:(箱の中)ライト! 消して!
  ライト! 影が濃すぎるの!

ユニ:ちっ!

    ユニ、ライトのプラグを抜く。

モノ:(腕をほどいてなげる)ふん! よいしょぉ!

テトラ:(叩きつけられた)うぐっ

ビビ:(箱の中)コート!
   ジッパーぜんぶ上げて! コート!

ユニ:あ、ああ!

テトラ:(荒い息)ふー、ふー、ふー……。

テトラ:(ぐったり)……。

ユニ:あんた、いくつの目玉を……。

テトラ:……十三、だ。

モノ:三つじゃなかったのぉ、ユニ。

ユニ:持ってるったって
  からだに埋めてるとは思わないだろ!?

テトラ:お前ら……。

モノ:ひぃっ(ユニの後ろに隠れる)

ユニ:め、目玉を、二つ、よこしな!

モノ:や、やめようよぉ。

ユニ:何ビビってんだい、やっと二つ目になれるんだよ!?

ユニ:弱ってる今なら、あ、アタイたちでも、いけるよ!

テトラ:……やめておけ。

ユニ:うるさい! アンタに、一つ目の気持ちなんかわからないだろうよ!

ユニ:アタイたちには、どうしても目が必要なんだ!

モノ:ユニ……。

ユニ:もう目の数で見下されるのはこりごりだよ! だから、よこしな!

テトラ:……憐れだな。

ユニ:憐れんでくれるなら、ちょうだいよ。

テトラ:いいか、目が欲しいなら、覚悟をすることだ。
  他人の目を取り入れるということが、どういうことか。

テトラ:自分の形がわからなくなる。一つ取り込むだけでもだ。

テトラ:それでも、欲しいか?

モノ:……ユニ、やめよう。

ユニ:……でも、アタイは、アタイは。

テトラ:……二つ目に追い詰められたのは初めてだ。

モノ:二つ目? おれたちは一つ目だよ。

テトラ:モノ、とユニ、だったか? 二人で、二つ目だろ。

モノ:あんた……。

テトラ:お互いが見えてるのはいいことさ。
  さて、ん、目玉ども、落ち着いたかな。

ビビ:(箱の中)開けてー! ねー! 開けてよぅ

モノ:ごめんねぇ、おチビちゃん。

ビビ:ぷはぁ! テトラ! 大丈夫!?

テトラ:ああ。ビビ:もー! テトラいじめちゃだめ!

ユニ:もう、しないよ、おチビちゃん。

ビビ:ほんとに?

モノ:ほんとに。

ビビ:テトラが暴れたからせっかくのツツジの蜜がだいなし!

テトラ:お前……。

ビビ:だから怒らせちゃだめなのー!

ユニ:おチビちゃん、あの箱の中でよく指示が出せたね。

ビビ:へ?

ユニ:見えてたのかい?

ビビ:見えてないよ? 見えてないけど、テトラのことだからたぶんそうかなーって思っただけ。

ユニ:良い目を持ってるねぇ。

ビビ:そう?

モノ:なあ、ユニ。片づけしようよ。

ユニ:そうだね、お詫びに、何でも好きなものだしてあげるよ。

ビビ:ほんと!? イモリのカリカリ! 山盛り!

■ハンディズ・ハウス、屋根裏

ハンディ:右)あと一日ですねぇ。サーティーンス様。

ハンディ:お加減は?

ハンディ:サーティーンス様?

ハンディ:おいたわしや……。 

ハンディ:お約束ですよ。必ず、よろしくお願いいたします。

ハンディ:満月の夜、お力が、お戻りになる。

ハンディ:やっと、やっと!

■バー・サイクロプス、昼
  ドアベルが鳴り、テトラ、ビビが入ってくる。

ビビ:ユニ~!

ユニ:ああビビちゃん、いらっしゃぁい。

テトラ:情報は?

ユニ:気が早いねえ。モノ!

モノ:はいはぁい、まとめといたよぉ。

テトラ:ふむ。

ユニ:サーティーンスは今、
  ハンディズ・ハウスの屋根裏にいる。

テトラ:やっぱりか。あの手ども……。
  確かなんだろうな。

ユニ:これは確かだよ。
  アタイが窓からこの目で確かめた。
  だいぶ、形は崩れてたけどね。
  この間のアンタみたいにさ。

テトラ:やめろ。

モノ:ダスクタウンから来たらしいよ。
  一つの赤目と、一つの金目がやつ自身の目だってさぁ。

テトラ:赤目と金目。ダスクタウン……二つ目ということは。

ユニ:奴は、15個の目を持ってる。

ビビ:やったね!

モノ:ビビ?

ビビ:オイラを食べれば、15だね!

ユニ:え?

ビビ:約束だもんね! いいよ!
  よかった! 16だったら勝てなかったもんね!

テトラ:いらん。

ビビ:え? なんで?

テトラ:言ったろうが。僕はあいつらみたいなことはしない。

ビビ:いまさらだよ。テトラ:あ?

ビビ:だってテトラ、もう10個、食べちゃったじゃん。

テトラ:それは、目玉狩りの目だからであって……。

ビビ:一緒だよ。だから、
  いまさら二つ目一匹食べたって変わらないよ。

テトラ:……。

ユニ:ふふ、じゃあ、
  アタイたちなら食べられるかい?

モノ:ユニ!?

テトラ:ああ、食える。

モノ:テトラ!?

ビビ:やだ!

    一同、ビビを見る一間。

ビビ:オイラが、テトラの力になるの!

ビビ:ユニ、余計なこと言わないで。

ユニ:ふふ。

ビビ:ねえ、テトラ、本当に、いいんだよ。

ビビ:赤と金の目だよ。取り戻すんでしょ!

ユニ:話が見えないねえ。

ビビ:赤と金の目玉狩りは、
  テトラの目を持ってるんだよ。

テトラ:よく覚えてるな。

ビビ:覚えてるよ!
  テトラのことならなんでも覚えてる!

モノ:どういうこと?

ビビ:テトラは、もともと四つ目だったの。

ユニ:四つ目? それはありえないでしょ。

モノ:三つ目までしか生まれないよね?

ビビ:オイラ覚えてる。
  ダスクタウンの、四つ目のテトラ。
  助けに来てくれた時は、三つ目になってた。

テトラ:勝手にしゃべるな。

ユニ:ここまで聞いといてお預けはないよ。

モノ:うんうん。

テトラ:はあ。……僕の町は、
  三つ目が生まれやすい街だ。
  その中で僕は双子で生まれた。

テトラ:僕は四つ目で、兄は死産。
  兄の目はなかった。

モノ:つまり、どういうことぉ?

ユニ:母親の腹の中で、兄弟の目を奪ってしまった、と。

テトラ:そういうことだ。

ビビ:テトラと関わっちゃだめって、
  オイラの住んでる隣町まで聞こえてきたもんねー。

テトラ:赤と金の二つ目は、近所のやつだった。
  口車に乗せられて僕は自分の目玉を差し出した。

テトラ:みんなと一緒になれると思って。
  そうしたら、アイツ、自分の町を襲いやがった。

ユニ:三つ目の町を襲おうだなんて……。

テトラ:僕のせいだ。だから、返してもらう。全部。

ビビ:だーかーら! オイラを食べて!

テトラ:いらん。

ビビ:あーもう! わからずや!

ユニ:わかった。アンタ、ビビだから食べられないんだろ。

ビビ:へ。

テトラ:あ?

ユニ:アタイとモノみたいなもんさね。

モノ:え? なに? どんなもん?

ユニ:大切だってこと。
  言わせるんじゃないよ、恥ずかしい。
  アンタにとって、もうビビは
  ただの二つ目じゃなくなっちまったのさ。

ビビ:そうなの?

モノ:なあんだ! 仲良しか!

ビビ:そうなの?

テトラ:知らん。

ユニ:あっはは!
  こぉんな大切なことも見えないなんて!
  目がたくさんあったってちゃあんと見ないとダメだねぇ。

テトラ:知らん!

ビビ:そうなの!? ねえテトラ! そうなの!?!?

テトラ:うるさい!

ユニ:ねえ、モノ。

モノ:なんだいユニ。

ユニ:アタイたちも協力しようか。この、不器用な三つ目さんに。

モノ:いいなあ。それ。

テトラ:だから、僕は一人でやる、誰の力も借りない……。

ユニ:アタイたちの目を合わせて!

テトラ:……。

ユニ:17個だ。

ビビ:勝てるね。

モノ:勝てるなぁ。

テトラ:はあ、馬鹿ばっかりか……。

■ハンディズ・ハウス前、夜

テトラ:いいか? 左右から光をあてて、影を飛ばせ。

ユニ:任せな! ライトはアタイの手の内だよ!

ビビ:オイラは? オイラは?

テトラ:ユニといろ。今日は、満月だ。明かりが強い。モノ。

モノ:なんだい?

テトラ:僕がまた暴走したら、頼む。

モノ:……まかせろ。

    テトラ、ドアを開ける。

ハンディ:左)今日は遅かったねえ、三つ目さん。食事は?

テトラ:済ませてきた。

ハンディ:左)あらそうかい、二つ目ちゃんは?

テトラ:帽子の中で寝てる。

ハンディ:左)毎日ご苦労様だね。
  早く目玉狩りが見つかるといいんだけど。
  ああそうだ。
  ライティ! 三つ目さんのお帰りだよ。

テトラ:……。

ハンディ:右)おやおやまあまあ、
  ずいぶんと遅いお帰りだこと。
  あんたへのお客さん、待ちくたびれてるよぉ。

テトラ:客? 聞いてないが。

ハンディ:右)お昼にねぇ、
  到着して待ってたんだよぉ。
  ずっと、ずっとねぇ。

テトラ:どこにいる?

ハンディ:右)こっち、こっちだよぉ。

■ハンディズ・ハウス、屋根裏

テトラ:屋根裏に客を案内するのか。しゃれたゲストハウスだな。

ハンディ:右)あのお方のご希望でねぇ。

ハンディ:右)お連れしましたよ。

    ハンディ、屋根裏のドアを開ける。

サーティーンス:(うめき声)ひゅー、ひゅー。

テトラ:……。

ハンディ:右)さあ、さあ! 狩ってしまってください!

テトラ:原型をとどめていないな。

サーティーンス:(うめき声)ぐごごごええええあああ・・・。

ハンディ:右)目玉狩り様? シャドウ・ライトですよぉ? 

ハンディ:早く、早く、この忠実なしもべに、目をお与え下さい!

テトラ:ハンディ・ライティ。やはりグルだったか。

   テトラ、ジッパーを下す。

ハンディ:右)レフティ! レフティ!
   うぐ! なんだい、これ、縄ぁ?

テトラ:残念だが、レフティも今頃縛り上げられているだろうよ。

ハンディ:右)目玉狩り様! 起きて! お助けください!

サーティーンス:うぐぐぐぐぐ

テトラ:さて、返してもらおうか。僕の目玉を。

ハンディ:右)お逃げ、ください!

    窓が割れる音
    サーティーンスとテトラを窓の外に投げるハンディ。

テトラ:うおっ、どこにこんな力がっ

サーティーンス:うぐぐぐごおおお!

テトラ:まずい、雲の切れ目が!

ユニ:テトラ!?

テトラ:ライトだ!

ユニ:あいよ! モノ! 反射!

モノ:まかせてぇ! カッ!(目をかっぴらく)

   つぶれて落ちる音。

テトラ:くそ、この、死にぞこないめ!

ビビ:テトラ! 

テトラ:こいつの手が伸びたところに光を当てろ!

モノ:わ、わ、わかった!

ユニ:アタイらのコンビネーション、みせてやるんだよぉ!

テトラ:くそ、消えろ、消えろ、消えろォ!

ビビ:影が消えない! これでライト最大なの!?

ユニ:最大だよ!!

モノ:ユニ! もっと右だ!

ユニ:あああうるっさいねぇ!

テトラ:ぐ、ぐ、くそ、
  お前ら……もう僕の目玉だろうが……!
  くそ!

テトラ:(目玉一個食われた、痛み)ぐあああ!

ビビ:うううう! テトラ!

モノ:ビビ! 行っちゃダメだ!

    テトラの口の中にビビが飛び込む。

テトラ:何して、んぐ!

ビビ:飲み込んで!

テトラ:んぐ。

ユニ:ビビ!

テトラ:う、うぐぐぐう

ユニ:あ、あ、ま、まずいよこれ……。

モノ:テトラが暴走しちまう……!

   サーティーンスの目玉を踏み潰すテトラ。

テトラ:殺す……殺す、殺す、殺す!

   目玉がつぶれる音。

テトラ:(呻き)うごああ。
テトラ:うぐ、ぐううう、
  食う、殺す、目玉、目玉ぁ

   テトラ、ユニのほうへ歩き出す。

ユニ:テトラ! 終わったよ! もう、全部潰れた!

テトラ:ふーふー……。

モノ:ユニ、下がって!

   テトラを押さえるモノ。

モノ:ふん! て、テトラ……
  うぐぐ、正気に戻ってぇ!

  どうしよう、意識ないよぉ!

ユニ:どうしようったって!
  そ、そうだ、ライト消して……

  コート! ほら、モノ!(投げる)

モノ:お、おう! じ、ジッパーあがんないよ!

ユニ:力込めな! なんのための図体だい!

モノ:あがったぁ!

テトラ:ううううう(気絶)

    間

ユニ:ビビ……。

モノ:(鼻をすする)。

テトラ:(起きる)ん。

モノ:テトラ、大丈夫かい?

ユニ:あんた、取り戻すって言ってた
  自分の目玉もつぶしちまったよ。

テトラ:……ビビは?

ユニ:飲み込んだろ。

テトラ:ああ、そうか。

   間

テトラ:なあ、ビビの目、何色か、覚えてるか。

モノ:え?

テトラ:僕、覚えてないんだ。

ユニ:ビビの目は、紫に、ふちがオレンジだよ。

テトラ:……ヒカゲソウみたいな?

ユニ:そう、ヒカゲソウみたいな。

テトラ:(コートを脱ごうとする)。

モノ:なんでまたコート脱ぐのぉ!?

テトラ:もう大丈夫だ。なあ、ビビの目、探してくれないか。

ユニ:ああ、いいよ。ほら、モノ、探しな。

モノ:う、うん。 

    二人、目を探す。

ユニ:あった、あったよ。

テトラ:よし、じゃあ、ビビの目の周りの影、伸ばすから切ってくれ。

モノ:へっ、ど、どうやって?

テトラ:ライトを真上から当てるんだ。
  ビビに当たらないように、モノは間に立って壁になって。

モノ:わかった。

    離れるモノ。

ユニ:(遠くに)モノ! いいかい!

モノ:いいよ!

    ユニ、ライトを付ける。

モノ:うわ! き、切れたよ!

ユニ:消すよ!

モノ:テトラのしっぽが切れて、
  影のボールみたいなものが、ほら。

ユニ:これで、どうなるんだい?

テトラ:前に僕の影に沈めたときに、
  なんでもない顔して泳いでたから、もしかしたら……。

   間

ビビ:ぷあーーー。……あれー? オイラ死んだ?

ユニ:ビビ、生きてる、の?

ビビ:生きてるの? さあ?

モノ:めだま、何個に見える?

ビビ:モノとユニで、二個ー!

テトラ:ビビ。

ビビ:テトラ! あれ? 名前で呼んだ?

テトラ:お前、やっぱり馬鹿だな。

ビビ:へへ、助けたでしょ?

テトラ:ああ。


■ミッドナイトタウン、翌朝
  連行されるハンディ(本体)。

ハンディ:左)いやだ、いやだよう、
  あたしはしらない! 何も見てない!

ハンディ:右)嘘つき! 嘘つきぃ!!
  シャドウライトを連れてきたら目をくれるって言ってたのにぃ!

テトラ:世話になった。

ユニ:また狩りにでかけるのかい?

モノ:「目玉狩り」狩りに?

ユニ:そうそう、目玉狩り狩り。

テトラ:ああ。

ユニ:ドーンタウンにバー・サイクロプスの姉妹店があってね。
  そっちに行くことがあったら
  力になってくれるよう、口利きしとくよ。

テトラ:それは助かる。

モノ:元気でな。

テトラ:モノ、本当に、ありがとう。

モノ:おれみたいな一つ目でも誰かの助けになれるんだな。

テトラ:二人とも、いい目を持ってるよ。

ユニ:でしょ。

ビビ:テトラー! お花! お花! 見て!

テトラ:じゃあ、行くよ。

ユニ:またね。

モノ:またな。

ビビ:あー! きれいなちょうちょさん! 
 あーーーむ!
 うえー……やっぱおいしくないや。

【END】

2021.04.15.
検索用:シャドライ

NO IMAGE

簡易利用規約

サイト内の文章は、
・非営利目的の利用の場合:無料・報告不要
・商用利用の場合:有料
・比率/人数変更:可
・演者の性別は問わない
・役の性別の変更:台本による
・軽微な変更:可
・アドリブ:可
→詳細は利用規約をご確認ください。